展示場来場予約
お客様の感動ストーリー

【感動ハウス社員が建てた家!】
茨城県結城市 営業部主任 杉山
子どもたちが笑顔で成長する、遊び心と快適性が共存する住まい

感動ハウス社員が建てた家!子どもたちが笑顔で成長する、遊び心と快適性が共存する住まい

こだわりは豊富にありますけれど、特に私たち夫婦が強くこだわったのは、「リビングに家族みんながいつも集まって楽しく過ごせる」こと。そして、広い敷地を活かした「平屋」であること。広い土地は、妻の父から畑だった土地を譲り受けて整備しました。坪数は法律的に許可が出る範囲の150坪。住まいそのものは、充分な広さと言っていい30坪の面積で設計を進めました。

開放感のあるリビングでは、家族みんなが和やかに話をしたり、勉強したり、寛いだり。子どもたちも「自分の部屋よりリビングの方が安心する」と喜んでいるのが、その表情から垣間見えます。「家の中でも外でも、子どもたちが存分に遊べる家にしたい」の願いを叶えたリビングには、ロフトから連動するハンモックとターザンロープを設定。庭には大きなトランポリンを設置しました。

アーチ状の段差や、玄関のタイルを始め、至るポイントで、感動ハウスならではの細やかな配慮を改めて確認することができました。普段、お客様に提案させていただいている収納の豊富さ、ワックスフリーの床を始めとする優れたメンテナンス性などなど。お客様から「ありがとう」と言ってもらえる理由をしみじみと実感できた気がします。

品質の高いパナソニックのキッチンを始め、全体が高水準でありながら割安感のある価格も魅力的でした。
完成した瞬間には、言葉にできない程の感動がありましたね。嬉しかったのは、その時の妻の言葉。念願のマイホームづくりにあたって、いろいろと見てまわったり選択出来ない環境にあることに少しの不満はあったかもしれないが、しかし実際、完成した際には、「もしもう一度、家を建てるとしても、また感動ハウスで同じ家を建てたい!」と本心で言ってくれた。私としては大きな喜びが涌き上るのを感じましたね。

家が完成した時も感動しましたが、本当の意味で住まいの良さを実感したのは、やはり実際に住み始めてから。最初から私たち夫婦が望んでいた通り、子どもたちが明るい表情で生活してくれたのが、とても嬉しかったです。私たち家族にとって理想の家ができました。メンテナンス面も、万全のサポートをしてもらえることは、お客様以上に理解していますので、何も心配していません。

感動ハウスの住まいづくりエピソード 家族の繋がりを強めてくれる重要なリビング

この家には、ご夫婦それぞれのこだわりが詰まっています。奥様のこだわりは「リビングに家族みんながいつも集まり、楽しく過ごす」こと。ご主人のこだわりは広い敷地を活かした「平屋」であることです。広い土地は、奥様のお父様から畑だった土地を譲り受けて整えました。

奥様のリクエストに寄り添ったスタイリッシュで開放感のあるリビングでは、家族みんなが思い思いに話をしたり、勉強したり、くつろいだり。お子さんたちも「自分の部屋よりリビングの方が安心する」ことが表情からも伝わってきます。子供部屋をリビングからワンドアで入れるようにしたからこそ。お子さまたちが大きくなってからも家族を近くに感じさせてくれることでしょう。

「家の中でも外でも、子どもたちが存分に遊べる家にしたかった」。そんなご夫婦の願いを叶えたこの家のリビングには、ロフトから連動するハンモックとターザンロープを設置しました。庭には大きなトランポリンが設置されています。

アーチ状の段差や、玄関のタイルを始め、様々なポイントに、感動ハウスからの細やかな提案が活かされています。他にも、収納の豊富さ、ワックスフリーの床を始めとする優れたメンテナンス性などなど。永きに渡ってご家族が楽しく過ごせる多くの理由がこの家にはあります。

フォトギャラリー

  • CAN DO HOUSE

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

スマホ向け表示