展示場来場予約
お客様の感動ストーリー

茨城県桜川市 S様感動ハウスさんだからこそ叶う、
現実的な解決と理想の追求を兼ね備えた住まいづくり

お客様からの感動の声プロならではの多種多様な提案

念願の住まいづくりにあたっては、土地形状の問題がありました。妻の実家の敷地内に家を建てることになり、それがこの縦長で傾斜もある土地だったんです。奥には妻の実家がありますから、乗用車はもちろん、緊急車両が通れる幅のスペースも確保しなければなりません。加えて、私たち家族としても「こういう家にしたい」との想いがあるため、土地形状を活かし、要望に沿ってくれる住宅会社の必要があったんです。

私たち夫婦は、そんな理想の住まいづくりを実現してくれる住宅会社や工務店を探し、いろいろ調べ、足も運びました。そんな中、父の友人の紹介で「感動ハウスさんがいいよ」と紹介してもらい、さっそく栃木県のインターパーク展示場へ。展示場も気に入りましたし、パナソニックのテクノストラクチャーで充分な耐震等級を取れることも大きな安心感に繋がりました。後に担当となってくれる長谷川さんの印象も良かったです。何と言っても感動ハウスさんの特長である自由設計により、土地形状に対応し、問題なく住まいづくりをできるというのが最大の決め手になりました。

感動ハウスさんは、たくさんの提案が詰まった設計が素晴らしかったですね。シューズクロークのある広い玄関。玄関からは、小上がりの和室、リビング、ダイニングキッチン。キッチンの裏手には、浴室を含めた水廻りスペースが集中し、しかも部活等で子どもの服が汚れている時には勝手口から入れるため、LDKに埃等を持ち込まずに済むのが嬉しいし、ありがたいです。

主寝室や複数の子ども部屋のある2階へ進むリビング階段には、感動ハウスさんの象徴的な提案が活用されています。それは、冬場にリビングの暖気が2階へ逃げていかないよう、扉を設置していることです。「なるほど!」と思いましたね。他にも、リビングの備え付けテレビ台や、2階の広いベランダ、照明や収納に関して、などなど。和室横には子どもたちの整理整頓を自然と身に付けてくれそうなランドセル置き場もつくってもらいました。快適に繋がる感動ハウスさんの提案のおかげで、本当に素敵な住まいになりました。改めて感謝します。

担当の長谷川さんには、本当に多くの配慮をいただきましたね。私たちだけでなく、妻側の実家に対する気配りも細やかで、とても感心しました。施工中にも、「こうした方がいいですよ」と玄関脇のガラスを変更したり、引き渡し直前になりますが「コンセントは、この白いものではなく、デザインのアクセントにもなるから黒の方が格好いいですよ」と導いてくれたり。営業担当の長谷川さん、現場監督さん、コーディネーターさん。真剣に議論しながら住まいづくりに取り組んでくださっているのが伝わってきました。感動ハウスさんに住まいづくりをお願いして正解だったと、心から思いますね。

フォトギャラリー

  • CAN DO HOUSE

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

スマホ向け表示