注文住宅で人気の間取りは?|4つのポイントや具体例

間取り 人気

家づくりで失敗しないためには、ご家族にとって適切な間取りの条件を知ることが大切です。そして、人気の間取りを知ることで取り入れたい間取りを確認することができます。

そこで今回は、具体的に参考にしたい人気の間取りをご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

【コラムでわかること】

  • ・人気の間取りのポイント
  • ・具体的な間取り

人気の間取りにある4つのポイント

【人気の間取り】

  • ・家事がしやすい
  • ・片付けしやすい
  • ・家族のコミュニケーションが取りやすい
  • ・開放感のあるリビング

人気の間取りには理由があります。それぞれ具体的にご紹介します。

家事がしやすい間取りは?

料理・洗濯・掃除は毎日するため、できるだけ楽にしたいですよね?楽にするためのポイントは「家事をするための移動距離を短く」することです。そのため、水回りの位置が近い間取りは家事が楽になるため人気があります。

また、洗濯物を「洗う、干す、畳む、収納する」ための位置が近いほど家事がしやすくなりますよ。

ファミリークローゼット

ファミリークローゼット

洗濯物を畳んで各部屋に収納するのは大変ですね。冬は衣類も多くなるため一度に運ぶことができずに、何回も1階と2階を往復することもあるかと思います。

しかし、家族の衣類を一か所に収納できる「ファミリークローゼット」があれば各部屋に運ぶ手間がなくなります。「ファミリークローゼット」を1階に作ることで「畳む→収納する」までの家事動線も短くなります。

注意点としてファミリークローゼットはある程度の広さが必要という点です。ファミリークローゼットを作ったことでリビングが窮屈にならないか確認しましょう。

ウッドデッキ

リビング横にウッドデッキがあれば2階のベランダまで階段を上って洗濯物を干す必要がなくなります。「洗う→干す」の家事動線を短くすることができますね。

また、ウッドデッキはリビングを広く開放的にする効果もあります。

洗面所は「収納スペース+鏡を広く」

人気の鏡が広い洗面台

洗面所に下着やパジャマ、タオルを収納できるスペースがあると、わざわざ部屋に着替えを取りに行かなくてもいいので動線の短縮になります。

また、洗面台の「鏡を広く」や「2口の蛇口」にすることで2人同時に朝の身支度をすることができます。朝の忙しい時間帯に洗面台が空くのを待っているということがおこりにくくなります。

リビングに和室

リビングに小上がり和室の間取り

リビングに「畳コーナー」・「小上がり和室」・「間仕切りがある和室」があると家事や子育てがしやすくなります。畳の上で洗濯物を畳んだり、アイロンがけをすることができます。

また、小さい赤ちゃんがいるご家庭では、フローリングより柔らかく温もりがある畳があるリビングは人気です。おむつ交換したり、大人も横になって寝かしつけることができます。

広さや種類によってメリット・デメリットがあります。ご家庭にあったものを選択することが大切です。

「畳コーナー」

  • ・2畳など比較的小スペースでリビングの端に設けることができる
  • ・段差がないので安心

「小上がり和室」

  • ・フローリングより一段高い位置に設ける
  • ・段差に収納スペースを設けられる
  • ・リビングのアクセントになる
  • ・段差をソファ代わりにして座ることができる

「間仕切りがある和室」

  • ・来客時にクローズすることで隠したいものを簡単に隠せる
  • ・普段はオープンにすることで開放感のあるリビングにできる
  • ・親が来たときの泊まるスペースとして利用できる

片付けしやすい間取りとは?

家づくりをする際にリビングなど居住スペースを広くしたことで、収納スペースが足りずに家がなかなか片づけられないというご家庭もあります。

片付けしやすい収納スペースのポイントは「居住スペースを圧迫しすぎない」+「適切な位置に適切な広さ」です。

パントリー

キッチン横にパントリーがあることで「お米・お水・お酒・調味料・レトルト食品」などの買い置きや「食器・洗剤・ゴミ袋」など何かとアイテムが集まりやすいキッチンを整理整頓しやすくなります。

大容量に収納できるため毎日スーパーに行けないご家庭におすすめです。

また、玄関からパントリーにすぐに行ける間取りにすることで重い荷物を短い距離で運ぶことができます。

シューズクローク

玄関にシューズクローク

近年人気が高まっているシューズクロークを玄関に設けることで靴以外のアイテムも収納することができます。

ベビーカー・自転車・スーツケース・子どものおもちゃ・アウトドア用品など大型の荷物も収納できます。

また、毎日使用するコート・カバン・帽子なども置けるため帰宅時に自分の部屋まで片づけに行く必要がなくなります。そのため、コートについた花粉や細菌などを家の中に持ち込みにくくなります。

ロフト・小屋裏収納

ロフトや小屋裏収納は居住スペースを圧迫することなく広々スペースにすることができます。普段使わない季節ものや大型のアウトドア用品なども収納できます。

お子様の成長と共に増える工作品や思い出の品も大切にしまっておくことができますね。また、ロフトはお子様が喜ぶ秘密基地として利用することもできます。

 

関連記事

吹き抜けのある明るい家|メリット・デメリットと解決策

参考にしたいおしゃれなリビング階段とは|メリット・デメリットや間取りアイディア

リビングに畳コーナーや小上がり和室|それぞれのメリット・デメリット

階段下収納

階段下収納

デットスペースを作らず、空間を有効活用するためにも「階段下収納」はおすすめです。リビングに置きっぱなしにしておきたくない掃除機なども収納することができます。

リビング階段の下に収納スペースを作れば、小物や書類、お子様がリビング学習するために使用する勉強道具なども整理整頓しやすくなります。

家族のコミュニケーションが取りやすい間取りとは?

家族団らん

家族のコミュニケーションが取りやすい間取りを希望されるご家庭は多いです。何年たっても家族が快適で仲良く暮らせる住宅がいいですよね。

家族が集まる場所であるリビングを快適にすることで、家族のコミュニケーションする機会を増やすことができます。

リビング階段

リビング階段

2階に上がる際に必ずリビングを通ることから家族のコミュニケーションする機会を増やします。お子様がプライベートな時間を大切にする年齢になっても様子を確認しやすいので安心ですね。

また、1階2階がドアで遮らずにゆるく繋がっていることで家の中にいる家族の存在を感じやすいメリットがあります。

その他、踏み板がない「スケルトン階段」にすることで開放的なリビングになります。デザインをこだわることでおしゃれさもアップしますね。

対面キッチン

アイランドキッチン

「独立型キッチン」よりリビングが見渡せる「対面キッチン」にすることで家族と会話したり、お子様の様子を見守りながら料理することができます。

リビングと一体化している「アイランドキッチン」や「ペニンシュラキッチン」は、高級感があるものが多くおしゃれなキッチンとして人気があります。

吹き抜け

吹き抜けのある人気の間取り
modern house interior. 3d rendering design concept

吹き抜けにすることで2階にいるお子様の存在をリビングから感じやすくなります。声が届きやすくなるため、2階に行かなくてもリビングからお子様を呼びやすくなります。

また、吹き抜け部分に窓を設置することで太陽の光が部屋の隅々まで入りやすくなり明るいリビングになります。自然な光で明るいリビングは、清々しい気持ちで過ごしやすくなります。

その他、縦に空間が広がるので同じ面積のリビングより広く感じやすくなります。開放感があるリビングは自然と家族が集まりやすくなりますね。

開放感のある間取りとは?

開放感のある間取り

2階リビング

2階をリビングにすることで日当たりが良くなります。隣地との距離が近く1階リビングでは日当たりが悪くなる場合には2階リビングを検討してみてはいかがでしょうか?

また、外からの視線を気にすることなくリビングでカーテンを開けてのびのび過ごすことができるメリットがあります。

勾配天井

天井を高くして屋根の形状にすることで開放感のあるリビングになります。吹き抜けと同様に高い位置に窓を設けることで明るいリビングにすることができます。

窓を天井の高さと同じにする

窓を広く高さのあるものにすることで開放感のあるリビングなります。吹き抜けと合わせて1階2階部分に広く窓を設けることでより開放的になります。

まとめ

人気がある間取りにはそれぞれ理由がありますが、家づくりに全部を詰め込んでしまっては逆に使い勝手の悪い家になってしまいます。

それぞれのご家庭にあったライフプランや敷地の広さによって最適な間取りは異なります。後悔のない間取りにするためにも、専門の工務店やハウスメーカーに相談してみてくださいね。

 

関連記事

吹き抜けのある明るい家|メリット・デメリットと解決策

参考にしたいおしゃれなリビング階段とは|メリット・デメリットや間取りアイディア

スキップフロアとは?メリット・デメリットや活用方法をご紹介

注文住宅をご検討中の方は「感動ハウス」にご相談ください

「感動ハウス」では、家族が「しあわせ」になれる家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

住宅展示場・モデルハウス

来場予約はこちら

資料請求

 

PAGE TOP

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

資料請求資料請求 来場予約来場予約 お問い合わせお問い合わせ 電話をかける
MENU