理想の子育て環境は?家づくり前のチェックポイント6つ

理想の子育て環境を実現する家づくり    

 

子どもの成長に大きな影響を及ぼす『子育て環境』。どんな場所に暮らすのかによってどう育つのかが変わってくるため、住む場所選びはとても重要です。とはいえ、具体的にどういったポイントに気をつけて住む場所を選べば良いのかはわからないことがたくさんありますよね。そこで今回は、家づくりを始める前に知っておきたい理想の子育て環境の選び方について、まとめてご紹介します。土地選びや間取り計画に、ぜひお役立てください。    

 


コラムのポイント

・ 子育て環境を大きく左右する『住む場所』の選び方について、6つのポイントをまとめました。

・理想の子育て環境を選び、子育てしやすい間取りにすることで、家族みんなが笑顔で過ごせる暮らしが実現します。子どもがのびのびと成長できるような家づくり計画を立てていきましょう。


 

 

 

子育てに影響を与える『住む場所選び』

  理想の子育て環境を実現する家づくり  

大切な子どもたちには、のびのびすくすく成長して欲しいもの。そのためには『どこに住むのか』はとても重要です。街全体が子どもの成長を見守ってくれるのはもちろん、育つための教育機関が整っている、走り回って遊ぶ場所がある、子育てをする親へのサポートもある、など子どもの成長を後押ししてくれる制度や環境が整っていることで、親も子も安心して暮らすことができます。

 

これから土地を購入し家づくりを始めるのであれば、理想とする子育て環境が整っているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。      

 

 

 

子育て環境選びのチェックポイント6つ

  理想の子育て環境を実現する家づくり  

子育て環境に求めるものは各家庭によってそれぞれですが、特に大切にしたいチェックポイントをみてみましょう。  

 

チェックポイント① 治安はいいかどうか


安心して暮らすためには、やはり治安の良し悪しは重要です。

・深夜まで営業している店はどのくらいあるのか

・繁華街は近くにあるか

・街灯の数、夜間の人通り

・コンビニや交番など駆け込む場所があるか

子どもたちも大きくなってくると行動範囲が広がり、大人が考えつかないような場所に友人と足を運ぶようになります。事件や事故に巻き込まれてしまわないためにも、治安の良い場所を選ぶようにしましょう。  

 

チェックポイント② 教育機関は充実しているか


幼稚園や小学校だけでなく、習い事をする環境が充実しているかも大切です。

・小学校や中学校、高校の場所や距離

・子ども向け施設の数や場所

・図書館の規模や場所

子どもが小学校に上がるまでに家を購入したい、と考える世帯は多いため、6歳以降に必要となる教育機関が充実している場所を選ぶのがおすすめです。共働き世帯の場合、学童保育があるかどうかも確認しておきましょう。  

 

チェックポイント③ 公園があるかどうか


子どもが安心して走り回ることができる公園があるかどうか、確認しておきましょう。走り回って体を存分に動かすだけでなく、虫を捕まえたり植物に触れたり、池を眺めたりなど公園があることで自宅ではできない情操教育にも役立ちます。公園に遊びに行くことで同年代の友人をつくることができますし、親にとっても同じように子育てをする仲間ができることは心強いですよね。  

理想の子育て環境を実現する家づくり

チェックポイント④ 医療は充実しているか


突発的な体調の変化や病気に対応できるよう、小児科や内科、歯科といった医療施設が充実しているかどうか、確認しておきましょう。車での移動にどのくらい時間がかかるのか、夜間でも対応してもらうことはできるのか、などもチェックしておくといざという時に慌てることもありません。

今は医療施設が充実していなくても、再開発などによって今後環境が変化する可能性もあります。都市開発計画などを合わせて確認しておきましょう。 また、自治体によっては通院や入院をした時の助成制度が整っています。土地購入を検討している場所はどういった制度があるのか調べておくと安心です。  

 

チェックポイント⑤ 親同士・子ども同士のコミュニティは発達しているか


実家の近くに建てる家なら、子育てをサポートしてもらうことができますが、知らない土地や実家の援助を得られない場所での子育てにやはり不安はつきものです。こんな時、支えになるのが子育て世代のコミュニティです。年齢の近い世代を中心に成り立つ街なら、子育てに必要な情報を交換することができますし、親子共々繋がりをつくりながら何かあった時にお互い助けあうことができます。年齢層の高い住民が多い街なら、子どもの成長を街全体で見守ろう、というコミュニティの土台が出来上がっている場合もあります。

コミュニティが発達しているか、馴染んでいけそうか、など確認しておきましょう。  

 

チェックポイント⑥ 子育てを応援・サポートしてくれる自治体か


近年は、多くの自治体が子育て世帯をサポートする施策を行っています。未就園児のいるご家庭に親子教室や園庭開放の情報が載ったパスポートを配布していたり、快適におむつ交換ができる公共施設が整っていたり、休日や夜間の小児救急医療電話相談を無料で行っていたり、と様々なサポート体制を整えています。自治体によって取り組んでいる内容は異なるため、土地購入を検討している自治体にあらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

子育てしやすい家づくりのポイント

  理想の子育て環境を実現する家づくり  

子育て環境は住む場所によって大きく左右されますが、どんな家に住むのかによっても左右されます。次に、子育てしやすい家づくりのポイントを見てみましょう。  

 

親子のコミュニケーションがとりやすい家


2階に上がる時に必ずリビングを通るリビング階段、お手伝いや会話をしやすいオープンキッチン、リビング横に併設された宿題スペースなど、顔を合わせやすい間取りなら、常に会話をしたり様子を見たりすることができます。  

理想の子育て環境を実現する家づくり

  顔を合わせて会話をする機会が減ると、途端にコミュニケーションエラーが起こります。特に思春期のような、成長による変化が起こりやすい時期のトラブルを防ぐためにも間取はを工夫しておきましょう。  

 

自立性を促す環境づくり


使った物を自分で片付ける、脱いだ服は決まった場所に収納する、進んで宿題をする、といった環境づくりをしておくことで、自立性を促すことができます。収納スペースは子どもの目線になるよう多めに設置しておくことで、自分で片付けるように促すことができますし、リビング横にワークスペースを設け本棚も設置しておくことで、わからないことは自分で調べるようになります。  

理想の子育て環境を実現する家づくり

  子どもたちの主体性が自然と身につくような間取りや設備を取り入れてみましょう。  

 

成長に合わせて間取りを変更


小さいうちは必要のない子ども部屋も、だんだん成長してくると必要になります。特に思春期は、個人差もありますがひとりで過ごせる空間が欲しくなるでしょうし、姉と弟といったような異性の場合も各々のスペースが必要になるでしょう。  

可動式収納やパーテーションをあらかじめ設置しておく、間仕切りの壁を後から設置できるように下地材を仕込んでおく、などしておくのがおすすめです。部屋を仕切るのはもちろん、成長して家を出て行った後のことも考えて、フレキシブルに変化させることができる間取り計画を立てておきましょう。    

 

 

 

 

 

親子が笑顔で暮らせる家づくりを始めるなら...

  理想の子育て環境を実現する家づくり  

理想の子育て環境を選び、子育てしやすい間取りにすることで、家族みんなが笑顔で過ごせる暮らしが実現します。子どもがのびのびと成長できるように、安心安全な場所で始める新生活の準備を進めていきましょう。   「感動ハウス」では、家族が「しあわせ」になれる家づくりのお手伝いをさせて頂きます。家づくりに関するご質問やご相談は、お気軽にお問い合わせください。

住宅展示場・モデルハウス

来場予約はこちら

資料請求

PAGE TOP

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

資料請求資料請求 来場予約来場予約 お問い合わせお問い合わせ 電話をかける
MENU