屋上テラスがある憧れの戸建て|活用方法や注意点をご紹介

間取り 人気

注文住宅で家づくりを始める際にご家族の希望条件を話し合います。使い勝手の良いキッチン、広々としたリビングなどご家庭によって必要な設備や間取りは異なります。

これらの条件の中に「屋上」がある戸建てを希望する人が近年増えてきています。活用方法が多く贅沢な空間になる「屋上テラス」や「屋上バルコニー」は誰もが憧れる住宅です。

そこで今回は、屋上を造ってから後悔しないためにも活用方法や事前に知っておきたい注意点をご紹介します。家づくりの参考にして頂ければと思います。

【コラムでわかること】

  • ・屋上テラス・バルコニー・ルーフバルコニーの意味
  • ・屋上テラスの活用方法
  • ・知っておきたい注意点

屋上がある戸建て「テラス」「バルコニー」「ルーフバルコニー」の意味

通常は屋根がある部分が広々としたプライベートな空間になることを「屋上テラス」と言います。似たような言葉で「屋上バルコニー」や「ルーフバルコニー」がありますが、それぞれ明確な定義はありませんが同じ空間を指します。

屋上テラスを造るときには一般的な「傾斜のある三角屋根」ではなく「平らな陸屋根」になります。

屋上テラスがある戸建ての活用方法

憧れの屋上テラスのメリットは多いです。活用方法が多いため、ただ住むだけの戸建てではなく家族が楽しめる戸建てになります。それぞれ順番にご紹介します。

旅行気分を楽しむ

戸建ての屋上テラスでバーベキュー

屋上テラスがあれば「バーベキュー」やテントを張って気軽に「家キャンプ」、夏場は「ビニールプール」を出して楽しむことができます。

わざわざ屋上テラスを造らなくても庭でバーべーキューをするから必要ないと思う人もいます。しかし、屋上テラスは周りのからの視線を気にすることなく楽しめる空間です。気兼ねなく友人を招いてワイワイ楽しむことができますね。

また、視線を気にする必要がないからこそ家族みんなで「ビニールプール」を満喫することもできます。夜になれば天体観測するなど家族のコミュニケーションも自然と増えますね。

どこかに出かけなくても自宅で旅行気分を味わうことができ、家族の思い出を作りやすくなります。

大きい布団も一度に干せる

戸建ての屋上テラスで洗濯

隣地との距離や周辺の建物によって2階ベランダや庭は時間帯によって日当たりが悪くなることもあります。しかし、屋上テラスは時間帯に左右されず、日照を確保しやすいため洗濯物を干すスペースとして有効的です。

また、広いスペースがあるため、ベランダでは一度に干しきれない家族分の布団も広々干すことができます。敷布団を干してから掛布団を干してと二回に分ける必要がないのは嬉しいメリットですね。

テーブルとソファを置いてディナーを楽しむ

戸建ての屋上テラスでディナー

屋上テラスを「セカンドリビング」として活用する方法も人気があります。テーブルとソファを置いて、ライトアップすることでおしゃれなレストランに来ているような大人の落ち着いた雰囲気を演出することができます。

夜空を見ながら夫婦でお酒を楽しむこともできますね。贅沢な時間を自宅で気軽に過ごすことができます。

お子様がのびのび遊べるスペース

小学校高学年になり1人で遊べる年代になれば親の手も離れます。ですが、一人で遊ぶようになるまでは何をするにも親御さんにベッタリです。何かと忙しい中、毎日のように公園に連れていき1時間も2時間も見守るのは大変ですよね。

屋上テラスは、公園に連れて行かなくてもお子様が太陽の下のびのび遊べるスペースになります。見守ることは必要ですが、公園に連れて行く時間を短縮でき、お子様のトイレの心配や汚れたときの着替えの心配などもありません。

ペットが走れるドッグラン

ワンちゃんなどペットを飼っているご家庭では、屋上テラスで自由に遊ばせることができます。庭であれば逃げ出さないように柵で囲む必要がありますが、屋上テラスであれば、一般的に高い手すりで囲まれているため柵を追加する必要もありません。

ドッグランがある公園が近くになくても自宅で走ることができますね。

 

関連記事

スキップフロアとは?メリット・デメリットや活用方法をご紹介

注文住宅で後悔しない内装の決め方

キッチンの形やレイアウトはどれがオススメ?それぞれのメリット・デメリット

家庭菜園を楽しむ

屋上で家庭菜園

家庭菜園と言えば庭が一般的です。ですが、駐車スペースや自転車、車の冬用タイヤなどによって家庭菜園できる日当たりの良いスペースを確保できないこともあります。

屋上テラスは、日当たりが良いのでミニトマトなどの野菜をお子様と一緒に育てたり、料理で使うハーブを育てたり、お花を育てて屋上庭園を造ることもできます。

外なのにプライベート空間を作れる

周囲の建物より高い位置に屋上テラスを造ることで、周りの視線を気にせずリラックスして過ごすことができます。広々とした外の空間を家族で自由に利用できるプライベート空間として贅沢な時間を過ごしやすくなります。

また、立地条件によっては屋上からの見晴らしの良い景色を楽しむこともできます。

人工芝やタイルでカスタマイズ

屋上テラスをタイルや人工芝でおしゃれにする

コンクリートのままにしておかずに人工芝を敷いたりタイルにしたりと自由にカスタマイズすることができます。季節によって枯れることがなく年中青々としている人工芝は、開放的で清々しい気持ちにさせてくれます。

屋上テラスをおしゃれな庭としてワンランクアップすることができますね。

屋上テラスがある戸建ての注意点

屋上テラスの注意点

雨漏りリスク

屋上が平らになっているため雨水が「三角屋根」の戸建てより溜まりやすい形状です。そのため、通常より雨漏りするリスクがあります。

もちろん雨漏りしないように屋上部分に防水加工をします。しかし、防水加工の種類によって効果の持続期間は異なりますが、一般的に10年前後で効果が少なくなります。そのため、再度防水加工するなど雨漏り対策をする必要があります。

また、屋上に設置されている排水溝にゴミや葉っぱが詰まってしまうとそこから雨漏りの原因になります。詰まらせないことが大切なため、定期的な掃除も必要になります。

落下防止対策

屋上テラスで落下防止

屋上テラスの周りは落下防止のために、高さのある手すりが設置されます。ですが、屋上には強風で飛ばされそうなものを置かない、踏み台になりそうなものを置かないなど各々が注意することが大切です。

建築コストが割高

一般的な戸建てより屋上テラスがある戸建てのほうが建築費用が割高になります。屋上テラスに上がるための階段や手すり、防水加工など必要になる工事や設備が増えるからです。

また、屋上で家庭菜園を考えてる場合には水栓が必要になります。そのため、別途水道を引いてくる費用がかかります。夜でも楽しむための照明をつけるためには電気工事も必要です。

目隠し対策

屋上テラスをプライベート空間として満喫するためには、目隠し対策も検討しておきましょう。周りの住宅が自分たちの家より高い位置だったり、屋上がある家だと外部からの視線が気になる場合があります。

屋上が丸見えにならないようにフェンスの高さや種類を工夫することが大切です。

施工会社によっては造れない

屋上テラスはどのハウスメーカーでも造れるわけではありません。一般的な戸建てと設計が異なるため対応できない会社もあります。

また、安心して暮らすためにも屋上を造った施工実績がある会社に依頼することが大切です。防水加工が不十分であれば雨漏りのリスクが高まります。

まとめ

屋上テラスは、自宅にいながら旅行気分を楽しめる戸建てになります。家族の思い出を自宅で気軽につくることができますね。また、屋上がある家はめずらしいため、友人に自慢できるおしゃれなマイホームになります。

利便性も高く、おしゃれさもある屋上テラスを信頼と実績のある施工会社に相談してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

吹き抜けのある明るい家|メリット・デメリットと解決策

失敗したくない注文住宅の間取りの決め方|6個のステップ

後悔しないための注文住宅|おすすめのオプションの特徴

注文住宅をご検討中の方は「感動ハウス」にご相談ください

「感動ハウス」では、家族が「しあわせ」になれる家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

住宅展示場・モデルハウス

来場予約はこちら

資料請求

PAGE TOP

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

資料請求資料請求 来場予約来場予約 お問い合わせお問い合わせ 電話をかける
MENU