スキップフロアとは?メリット・デメリットや活用方法をご紹介

スキップフロアとは

注文住宅で家をつくる際に「家族が快適に過ごせて帰りたくなる家」にしたいと思いますよね。自由に自分の理想の間取りにできる注文住宅では「スキップフロア」を検討されるかたが増えてきています。

そこで今回は、スキップフロアの特徴やメリット・デメリット、活用方法をご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてみてくださいね。

【コラムでわかること】

  • ・スキップフロアのメリット・デメリットがわかる
  • ・スキップフロアのおすすめの活用方法がわかる

スキップフロアとは

スキップフロアとは、床の高さの一部を変え、あえて段差をつくる施工方法になります。スキップフロアには主に2種類あります。

  1. 床を一段上げて少しの段差をつくる「小上がりタイプ」
  2. 床を数段上げて1階と2階の間につくる「中2階のタイプ」

1の小上がりタイプはリビングの一部やリビング内に和室を設計する際に採用されることが多いです。立体感があることでおしゃれなリビングになります。2の数段上げるタイプは、より空間を広く有効活用することができます。

スキップフロアのメリット

スキップフロアおしゃれリビング

空間を広くみせて開放感のあるリビングに

床を上げて段差をつくることで同じ面積でも空間に広がりがうまれます。また、壁でフロアをわけるのではなく、段差でわけているのでリビングを広いワンフロアにすることができます。視線を遮るものが少ないため、実際より奥行きを感じやすく広くみせる効果があります。

また、壁で空間をわけていないので全体的に光が通りやすく開放感のあるリビングになります。吹き抜けとの相性はよく、視線が縦に広がるためより明るく広く感じることができます。

おしゃれな家になる

おしゃれなスキップフロア

スキップフロアは空間に立体感をもたせるためおしゃれな印象を与えてくれます。建売住宅ではあまり見ることがなく、注文住宅ならではのおしゃれでデザイン性の高い住宅になります。

平坦のリビングと比較するとアクセントのある家になります。「他とは違うオリジナルの個性を出したい!」「友人に自慢できるおしゃれな家にしたい!」という方にはおすすめです。

段差の下に収納を増やせる

収納

段差の下の空間に収納スペースをつくることができます。一段の小上がりタイプでも引き出しの収納をつくれ、数段の段差があるスキップフロアであれば大容量の収納スペースをつくることができます。

リビングの広さを狭くしないために、リビングに収納スペースをあえて設置しないご家庭も多いかと思います。しかし、スキップフロアであれば床を上げた下の空間を有効活用するのでリビングの面積を圧迫せずに十分な収納スペースを設置することができます。

「子どものおもちゃ」「掃除道具類」「雑誌や本」「外出時に常時使用するカバンやランドセル」なども収納することができます。収納力があるリビングは整理整頓しやすく綺麗なリビングを保ちやすくなります。

お子様も大人も喜ぶ秘密基地のような空間に

数段上がっているスキップフロアは、お子様が喜ぶ秘密基地のような空間になります。リビングに立体感のある家は珍しいため、お子様の遊び心を刺激しワクワクと楽しめる家になります。

また、お子様だけではなく大人も立体感のあるスキップフロアに感動し「童心に戻って秘密基地のような」「大人の隠れ家のような」空間を一緒に楽しむことができるはずです。

家族とコミュニケーションがとりやすい

リビング 家族団らん

家族がキッチンやリビング、スキップフロアにそれぞれいたとしても壁で仕切られていない一つの空間のため、コミュニケーションがとりやすくなります。

どこにいても家族の存在を確認することができ、お子様の安全や様子なども見守りやすくなりますね。お子様が遊んでる様子を家事をしながら確認することができます。

スキップフロアは、家族との時間を大切にしたい家庭に向いている設計です。別々の部屋にいると同じ家に住んでいても距離がうまれますが、同じ空間にいることで話したいときに気軽に話せる距離になります。

完全に2階の個室ではなく中2階であれば、スキップフロアからリビングを見下ろすこともできますし、リビングからも中2階の様子がわかります。

スキップフロアのデメリット

車椅子 バリアフリー

設計が難しく施工できる会社が限られる

スキップフロアの設計や施工は一般的な住宅より難しく施工できる会社が限られます。空間を有効活用できる間取りにする設計力や技術力が必要になります。スキップフロアを検討している方は、事前に施行会社が対応可能か確認しておくといいでしょう。

バリアフリーではなくなる

高齢者がいるご家庭や家族に車椅子を使用している人がいる場合には、スキップフロアの段差が邪魔になるため向いていません。少しの段差でも高齢者には毎日のことなのでストレスに感じる可能性があります。

また、足腰が弱っている場合に、段差でつまずいたり転びやすくなるリスクがあるので注意が必要です。

その他、お掃除ロボットを使用している人は、段差がある部分は掃除できないというデメリットがあります。段差があるため平坦な床より掃除がしにくいと感じる方もいます。

空間が広くなるため冷暖房が効きにくい

スキップフロアがあるリビングでは、壁による仕切りがないため広いワンフロアになります。そのため、冷暖房の効率が低下します。広い空間でも夏は涼しく冬は暖かい家にするためにも、断熱性能が高い施工会社であることも一緒に検討してみてくださいね。

おすすめの活用方法

リビング学習

お子様の学習スペース

お子様の勉強場所は子ども部屋ではなく、リビング学習にしたいと考えているご家庭も増えてきています。特に親に勉強を見てもらいたい幼児期から小学生の時期は、子ども部屋で勉強するより気軽に質問もできるリビング学習のほうが勉強に集中しやすくなります。

親も家事をしながらお子様の勉強をサポートしやすくなりまね。しかし、リビングにはゲームやテレビ、おもちゃなど誘惑するものが多く置いてあるかと思います。勉強していたはずがいつの間にか下の子と一緒にテレビを見てしまっているということもあるかと思います。

しかし、スキップフロアであれば、空間が段差によってわけられているためリビングにいながらもより集中しやすいプライベート感のある空間になります。

参考サイト:ベネッセ教育情報サイト

テレワーク

PCで仕事している人

近年では、会社勤めの人でも自宅でテレワークすることが増えた人もいるかと思います。通勤する必要がなくなったため、時間を有効活用できるメリットがありますが、自宅だと家族がいて仕事に集中できないと感じられている人もいるのではないでしょうか?

スキップフロアは家族の存在を感じながらもプライベート空間として集中できるスペースになります。寝室で仕事するより仕事がはかどるかもしれません。

書斎や趣味部屋

書斎や趣味部屋を2階につくるスペースはないけど、2畳程度でもいいから欲しい!と思う人も多いのではないでしょうか?

スキップフロアであれば2階の部屋を狭くすることなく、自分のプライベート空間をつくることができます。また、スキップフロアの壁に棚を設置することで趣味の物を飾ったり、本を並べたりなどおしゃれに見せる収納ができます。

まとめ

スキップフロアは空間を有効活用でき、おしゃれで遊び心もある家になります。家族のコミュケーションもとりやすく、家族との時間を大切にしたい人にもおすすめの設計です。

茨城・栃木で注文住宅をご検討中の方は「感動ハウス」にご相談ください

「感動ハウス」では、家族が「しあわせ」になれる家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

住宅展示場・モデルハウス

来場予約はこちら

資料請求

PAGE TOP

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

資料請求資料請求 来場予約来場予約 お問い合わせお問い合わせ 電話をかける
MENU