間取り・収納
実例紹介
新築・注文住宅
平屋
家づくりの豆知識

吹き抜け(勾配天井)のある平屋の魅力|デメリット対策や間取り実例も紹介

吹き抜けのある平屋のメリット・デメリット

平屋を新築する際、解放感のある高天井のリビングが実現できる「吹き抜け風空間(勾配天井)」を取り入れる方が増えています。

しかし、「平屋で勾配天井にするとコストアップしないの?」「大空間ができて冷暖房が効くの?」と心配になる方も多いようです。

このコラムでは、平屋を勾配天井にして吹き抜け風空間を作るメリット・デメリットを解説します。

吹き抜け風空間のある平屋の施工事例も紹介しますので、これから注文住宅で平屋を建てたい方は参考にしてくださいね。  

 


コラムのポイント

・平屋は勾配天井にすることで、二階建ての吹き抜けのようなおしゃれで開放感ある空間を作れるなどのメリットがあります。

・勾配天井にして大空間を作る場合は住宅の断熱性能や適切な空調計画で室内の快適性を保つ工夫が大切です。

・吹き抜け風空間のある平屋を建てるなら、勾配天井やロフトのある平屋の実績が多く、高気密高断熱の家づくりができる会社を選ぶのがおすすめです。


 

平屋に吹き抜けは作れる?

平屋の勾配天井で吹き抜け風空間を作った広いリビング

一般的に吹き抜けとは、天井を一部抜いて一階と二階をつなぐ空間を指します。縦に広い立体的な空間が開放感をもたらし、二階からの光を一階に入れられるようにもなります。

二階がない平屋では、屋根裏を室内空間に取り込み、屋根に沿って天井を作る「勾配天井」にすることで、高天井の「吹き抜け風空間」を作れます。  

 

平屋に吹き抜けを作るメリット

平屋に吹き抜け風空間を作るメリットを解説します。

開放感が得られる

平屋の吹き抜け風リビング(勾配天井)施工事例

勾配天井にすることで、二階建ての吹き抜けのような縦に広い大空間を作れるのが最大のメリットです。

勾配天井の最も高い部分をLDKにすれば、開放感のあるリビングが実現できます。  

 

日当たり、風通しが良くなる

勾配天井+高窓で明るい平屋のリビング

勾配天井によって壁面の高い部分にも窓を設置できるため、より多くの光を室内に入れることができます。

窓の種類や配置を工夫すれば、採光が不足しがちな家の中心部や北側に光を取り込むこともできます。 さらに、開閉できる窓なら換気しやすく、風通しの良い家になりますよ。  

 

ロフトやスキップフロアを取り入れやすくなる

勾配天井でロフトを設置した平屋の注文住宅施工事例

勾配天井にすることで、天井裏の空間も利用できるようになるため、ロフトやスキップフロアプラスアルファのスペースを作れます。

平屋にしたいけれど、収納スペースなどが足りなくならないか心配という方にもおすすめです。  

 

おしゃれな空間になる

見せ梁を取り入れたおしゃれな平屋の吹き抜け

吹き抜けは、開放感のあるおしゃれな空間演出ができるのもメリット。

化粧梁や板張り天井を取り入れたり、照明などのインテリアにこだわったりすることで、リゾートホテルのような広々として高級感のあるリビングにすることもできます。

の施工事例一覧

 

平屋の吹き抜けのデメリットと後悔を防ぐポイント

平屋の吹き抜け風空間のメリット・デメリットのバランス

解放感のあるおしゃれなリビングを実現できる平屋の吹き抜け風空間ですが、採用する際に知っておきたい注意点もあります。

デメリットも合わせて総合的に検討することで後悔を防げますので、対策と合わせて参考にしてください。  

 

勾配天井の注意点

勾配天井は天井付近の暑さ・寒さ(温熱環境)に注意しましょう。

ロフトを作る場合は、屋根の熱が伝わって不快にならないよう、断熱はしっかりと行い、必要に応じて換気や採光用の窓を設置するなど工夫しましょう。  

 

広い空間の空調計画

シーリングファンで吹き抜け空間の空気を循環させる工夫

縦に広い空間ができる平屋の勾配天井は、二階建ての吹き抜けやリビング階段と同じように、効率良く空調を効かせることが室内の快適性や空調設備の電気代などにかかわってきます。

冬は暖房で暖めた空気が上に溜まりやすく、夏は冷房で冷やした空気が下に集まりやすいので、エアコンの風を全体に循環させるようにしましょう。

風の通り道をシミュレーションしたエアコン位置の検討や、シーリングファンやサーキュレーターの設置で空気を循環させる工夫がポイントになります。

吹き抜け風空間のある平屋を建てるなら、勾配天井やロフトのある平屋の実績が多く高気密高断熱の家づくりができる会社を選ぶのがおすすめです。

吹き抜けのある平屋の施工事例を見る

家づくりのご相談はこちらから

 

掃除の仕方に工夫が必要

吹き抜けや勾配天井など、高い場所は掃除やメンテナンスがしにくいというデメリットもあります。

勾配天井で高所に窓を設ける場合は、掃除のしやすさも考えて大きさや位置を検討しましょう。

また、キッチンのコンロから出る煙は油分を含んでいて落としにくいため、高い所の壁や天井まで汚れてしまうと、さらに掃除に手間がかかります。

ワンフロアLDKの平屋では、キッチンの上部のみ天井を作ったりコンロを壁付けにして煙が吹き抜け部分に流れにくくしたりする工夫も効果的です。  

の施工事例一覧

 

平屋の吹き抜け(勾配天井)のよくあるQ&A

平屋で吹き抜け(勾配天井)にすると天井高はどれくらい?

平屋の勾配天井高さは4m以上にすることもできる

一般的な平天井の場合、床から天井までの高さは2.2m~2.4m程度が目安になりますが、勾配天井にすると最も高い場所で4m以上の高天井にすることもできます。

屋根の種類や勾配によって、最も高い位置の天井高は変わってきますので、プランニングの際は平面の間取り図だけでなく、3Dパースなどで立体的な空間のイメージも確認しましょう。  

 

吹き抜け風空間(勾配天井)に合う照明の選び方は?

勾配天井に間接照明を使った空間演出

吹き抜けにはスポットよりも全体を優しく照らせる照が向いています。

360度照らせるシェード形状のペンダントライトや、多方向にライトが向くシャンデリア、間接照明などがおすすめです。

ダイニングやキッチン、読書灯など必要に応じてスポット照明を組み合わせましょう。

また、高所の照明は交換手間が少ないLEDにしたり、電球交換や掃除ががしやすい位置を検討するとお手入れが楽になります。

 

勾配天井にすると建築費用がアップする?

勾配天井にすると壁の内装工事面積が増えるため、その分の費用が高くなる可能性があります。

ただし、必ずコストアップするというわけではありませんので、平天井と具体的に費用がどれくらい変わってくるのかは、建築を依頼する施工会社に確認しましょう。  

 

リフォームで平屋の吹き抜けは作れる?

屋根裏のあるフラットな天井の平屋を、リフォームやリノベーションで吹き抜け風空間のある勾配天井にすることは可能です。

天井を取り払ってむき出しになった梁を塗装したり照明を飾ったりして、天井裏の構造を内装に活かすのもおすすめです。

前章でも解説したように、大空間のある家は高気密高断熱仕様や空調計画が大切になります。長期優良住宅化など、断熱リフォームの実績があり信頼できる会社を選ぶのがおすすめです。  

 

吹き抜けのある平屋の間取り実例【茨城・栃木の注文住宅】

勾配天井で開放的なロフト付き吹き抜けリビングを実現した平屋

勾配天井で吹き抜け風リビングを作った平屋の施工事例

勾配天井で解放感抜群の吹き抜け風リビングに加えて、ロフトもプラスした平屋の施工事例です。

見せ梁と広い方向を照らせるシャンデリア風の照明がおしゃれ度をアップさせていますよね。

平屋のロフトからリビングを見下ろした写真

ロフトからリビングを見下ろした写真です。まるで二階建てと錯覚してしまいそうな解放感があります。ロフトにいてもリビングにいる家族とコミュニケーションもしやすく便利ですね。

快適で使い勝手の良い平屋のロフト

ロフトは固定階段から上がることができます。窓を設置したり内装にもこだわって居心地の良い空間に。セカンドリビングとしても使える便利なスペースです。

▶︎施工事例:大きなウッドデッキとロフトが印象的な家族がつながる平屋-つくば市 T様邸-

の施工事例一覧

 

まとめ

平屋は勾配天井にすることで、二階建ての吹き抜けのような開放感ある空間を作れます。

天井付近の高い位置にも窓を設置できることを活かして、家の奥の方まで光を入れるなど採光や通風の面でもメリットがあります。

勾配天井は平屋で吹き抜け風のおしゃれなリビングにしたい場合や、周辺環境を考慮して家の採光が不足しそうな場合に採用するのがおすすめです。

一方、勾配天井にして大空間を作る場合は住宅の断熱性能や空調計画が大切になってきます。吹き抜け風空間のある平屋を建てるなら、勾配天井やロフトのある平屋の実績が多く、高気密高断熱の家づくりができる会社を選ぶのがおすすめです。

感動ハウスは茨城県・栃木県で勾配天井、吹き抜け風空間のある平屋の施工実績があります。お客様のご要望に可能な限りお応えしたプランニングをいたします。実現できるか分からないという場合も遠慮なくご相談ください。

ご要望や不安な点をヒアリングし、理想の平屋づくりを全力でサポートいたします。

完成見学会や展示場のご案内

資料請求

監修者情報

感動ハウス編集部

感動ハウス編集部

私たち感動ハウスは「帰りたくなる家」をテーマに、心豊かな時間を感じる空間づくりを大切に、日々の暮らしの中に、感動のある家をつくります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram
PAGE TOP

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

資料請求資料請求 来場予約来場予約 お問い合わせお問い合わせ 電話をかける
MENU