実例紹介
新築・注文住宅
間取り・収納
デザイン

平屋風二階建てのメリット・デメリット|おしゃれな外観・間取り事例も紹介

平屋風二階建てのメリットデメリット

平屋風二階建ては、平屋の暮らしやすさと、二階建てのコストパフォーマンスをいいとこどりした、今人気の間取りです。

このコラムでは、平屋風二階建ての間取りの魅力やメリットと、デメリットや留意点について解説します。感動ハウスで施工させていただいた、平屋風二階建てのおしゃれな外観や間取りの実例もご紹介しますので、家づくりの参考にしてくださいね。  


コラムのポイント

・平屋風二階建ては、平屋の魅力であるワンフロアで生活動線の良い間取りに、必要な生活空間を二階部分にプラスした、様々なライフスタイルに対応できる家です。

・平屋と二階建ての間で悩んでいる方には、両方のメリットを享受しつつコストバランスの良い家づくりがしやすい平屋風二階建てがおすすめです!


平屋風二階建てはどんな間取り?

平屋みたいに暮らせる二階建ての外観

平屋風二階建てとは、外観の印象が平屋に見える二階建てや、平屋のように暮らせる二階建ての家のことです。

具体的には、一階の面積を広く取り、二階は一階の半分ほどの面積にする間取りで、つまりは部分二階建てのことを指します。

一階にLDKや水回りなど生活のメインとなる場所が集まる間取りのため、二階建てながら平屋感覚で暮らせる家になります。その特徴から「半平屋」「平屋ベースの家」と呼ばれることもあります。  

 

平屋風二階建てのメリット

メリット①:平屋の暮らしやすさ

平屋のような暮らしやすさがある平屋風二階建て

平屋風二階建ての一番の魅力は、リビングやダイニングキッチン、水回りを1階に集中した生活動線の良い間取りです。

一階で生活がほぼ完結するため、平屋のようなスムーズな家事動線や、家族の距離感が近いコミュニケーションのしやすさなどのメリットを受けられます。

さらに、主寝室も一階に配置する間取りにしたり、リビングを仕切って寝室を作る間取りリフォームをしたりすることで、老後も暮らしやすい家を実現できます。  

 

メリット②:多彩な外観デザイン

シンプルな外壁に凹凸のある形状の平屋風二階建て

平屋風二階建ては二階部分が小さいため、凹凸や傾斜のある外観デザインになることも特徴です。

動きのあるシルエットを活かしたデザインや、平屋のような大きな片流れ屋根など、総二階建てとはまた違った、様々なバリエーションや個性のある外観が作れる魅力があります。  

 

メリット③:暮らしやすい間取りを作りやすい

キッチンの真裏にランドリールームのある家事動線の良い間取り

総二階建ての家の間取りを検討する際、二階のスペースが余りがちで、浴室や洗面脱衣所を一階と二階どちらに配置するかで悩むという方もいらっしゃいます。

一階部分の方が広い平屋風二階建て(部分二階建て)なら、一階にLDKと水回りをまとめて配置できるので、自然と生活の流れに沿った、合理的で家事動線などの生活動線が良い間取りを作りやすくなります。  

 

メリット④:開放感のあるリビングを作りやすい

吹き抜けリビングのある平屋風二階建て

平屋風二階建ては、二階部分を活用して、平屋よりも高さのある吹き抜けが作れます。

LDKの上部を吹き抜けにすれば、開放感のある明るいリビングになりますし、二階部分とのつながりも作れるので、コミュニケーションのしやすさもさらにアップします!

 

メリット⑤:寝室や子ども部屋のプライバシー性を高めやすい

二階に個室を配置してプライバシー性を高めた間取り

平屋は寝室や子ども部屋も一階にある間取りのため、防犯性やプライバシー性が気になるという方もいるかもしれません。

平屋風二階建てなら、寝室や子ども部屋を二階にすることもできるので、間取りの柔軟性が高く、例えば立地的に一階が寝室だとプライバシーが気になるという場合にも対応できます。

 

メリット⑥:平屋よりコストを抑えやすい

平屋風二階建ては、同じ延べ床面積の平屋と比べると必要な土地面積や基礎・屋根工事の面積が少なく済むという特徴があります。 そのため、平屋よりも土地購入費用や建築費用などのイニシャルコストを抑えられる可能性があります。

平屋風二階建ては、イニシャルコストを抑えつつも平屋のような暮らしやすさが欲しいという方にぴったりで、まさに平屋と二階建ての中間的な家、それぞれの良さを併せ持った家と言えるでしょう。 

平屋風二階建てのデメリットと対策

平屋風二階建てのデメリットと対策をチェック

平屋と二階建てそれぞれの良さを併せ持った平屋風二階建てですが、プランニング時に注意しておきたいポイントもいくつかあります。あらかじめデメリットとその対策をチェックしておくことで、後悔を防げますので参考にしてください。

 

総二階よりハードルは高め

平屋風二階建ては、平屋と比べて必要な土地面積や建築費用の負担を抑えやすいメリットがありますが、一方で最も効率が良いと言われる総二階建てと比べると、イニシャルコストや土地選びのハードルの高さなどの面では総二階に軍配が上がるでしょう。

ただし、総二階は効率良く面積を確保できますが、最適な間取りは家族構成やライフスタイル、立地条件、周辺環境など様々な要素で決まってきます。総二階建てにして家が広くなることが家族にとってベストなのか?その答えは千差万別です。

コストと暮らしやすさ、そして家づくりに求める優先条件など、様々な部分でバランスの良い家づくりをしていくことが最も大切なポイントです。  

 

将来二階部分を使わなくなる可能性

平屋風二階建てで二階部分を子ども部屋にした場合、お子さまが独立した後で二階の部屋を持て余してしまう可能性があります。

新築のプランニング時には、現在だけでなく将来どのようにフロアを活用していくかということも踏まえて検討していきましょう。  

 

平屋より割高になるケースもある

効率的に土地を活用しながら、平屋よりもコストを抑えやすいことが魅力の平屋風二階建てですが、形状やデザインによっては平屋よりも割高になってしまうケースもあります。

平屋風二階建て(部分二階建て)は一階と二階の床面積が異なるため、凹凸が多くなる分建築コストが増えやすくなります。

一般的に、建築コストを抑えやすいデザインはシンプルな形状になります。部分二階建てでも、二階から一階の全体に大きな片流れ屋根をかけて外壁の凹凸を少なくするシンプルなデザインなら、外観も平屋風になり建築コストも抑えやすくなります。

平屋風二階建てのおしゃれな建築実例

生活動線の良いホテルライクな平屋風二階建て

平屋風二階建ての外観実例

お庭のヤシの木とシンプルモダンな建物外観の組み合わせが、まるでリゾート地に建つホテルのような素敵な平屋風二階建ての実例です。

LDKと水回りを一階に配置した間取り

LDKや水回りは1階に配置し、2階は子ども部屋とバルコニーという、1階で生活がほぼ完結し平屋のように暮らせる間取りが特徴です。

一階部分は生活動線、家事動線の良さにこだわり、玄関からウォークスルーのシューズクロークを通り、すぐにサニタリールーム、バスルームへと続く便利な帰宅動線があります。玄関からすぐにバスルームに行けるので、汚れを中に持ち込みません。

二階には、高窓からの光も入る広めの明るいホールがあり、セカンドリビングのように家族でくつろいで過ごすこともできる多目的なスペースになっています。

▶︎施工事例:ホテルライクに暮らす家-芳賀郡益子町 O様邸-

 

中庭のあるコの字型の平屋風二階建て

白と黒2色の外壁を使った存在感のある外観が特徴の平屋風二階建て実例です。バルコニーや屋上の手すり、玄関周りなど所々に木目を取り入れて、空間のアクセントにしました。

LDKを広くとった平屋風二階建ての間取り

間取りは1階の面積を広く取り、2階は1階の半分ほどの面積に。たくさんの人が集まるお施主様の生活スタイルに合わせて、1階のリビングを広くしました。

中庭のあるコの字型の平屋風二階建て

建物の中心には中庭を作り、リビングの大きな窓からアクセスできるようにしています。家族が自然と集まり、第二のリビングのようにくつろげるアウトドア空間となっています。大きなウッドデッキにはステップをつけ、室内・中庭・庭が緩やかにつながるようにしました。

▶︎施工事例:家の中心に家族が集まる中庭がある家-結城市 O様-

 

まとめ

平屋風二階建ては、平屋の魅力であるワンフロアで生活動線の良い間取りに、必要な生活空間を二階部分にプラスした、様々なライフスタイルに対応できる家です。

平屋に憧れるけれど、広い土地や建築コストのハードルが高い…など、平屋と二階建ての間で悩んでいる方には、両方のメリットを享受しつつコストバランスの良い家づくりがしやすい平屋風二階建てがおすすめです!

「感動ハウス」では、家族が「しあわせ」になれる家づくりのお手伝いをさせて頂きます。家づくりに関するご質問やご相談は、お気軽にお問い合わせください。 完成見学会や展示場でも、可能な限り相談に乗らせていただきます。

完成見学会や展示場のご案内

資料請求

【見学会】暮らしやすさと快適性を備えた、自然素材の小さな家(つくば市)

つくば展示場バナー

建築家 伊礼智氏の設計による、『ちいさく豊かに暮らす』をコンセプトに、空間のつながりを意識した上質な自然素材の家。

庭と一体化し景観に溶け込む和モダンの外観、コンパクトな空間でもスムーズな生活動線や、無垢材や塗り壁をふんだんに使用した贅沢な空間が魅力です。

外皮性能G2(断熱等級6)、C値1.0、耐震等級3(在来工法)という優れた高気密高断熱・耐震性能も確保。 全館空調、床下エアコン、太陽光発電で年間の光熱費を大きく軽減し高い省エネ性能も誇ります。

  • ・住所:〒305-0817 茨城県つくば市研究学園6丁目51番地12 つくばハウジングパーク内
  • ・TEL:0120-04-3545
  • ・営業時間:10:00~18:00 ※予約制

見学会は上記のバナーからご予約いただけます。

『流行りに左右されない、本当の快適さを追求したマイホームを建てたい。』 そんな想いを形にした感動ハウスこだわりの住まいを、ぜひご体感ください。

 

 

 

監修者情報

感動ハウス編集部

感動ハウス編集部

私たち感動ハウスは「帰りたくなる家」をテーマに、心豊かな時間を感じる空間づくりを大切に、日々の暮らしの中に、感動のある家をつくります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram
PAGE TOP

展示場の来場予約や資料請求など
気軽にお問い合わせください。

資料請求資料請求 来場予約来場予約 お問い合わせお問い合わせ 電話をかける
MENU